HOME > 病院について > 病院情報の公表

病院情報の公表

令和2年度 日野記念病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 27 22 23 47 112 173 404 612 537 202
令和2年度に当院を退院した患者さんの年齢を示しています。小児科を含めた内科系、外科系各診療科および滋賀脊椎センター、昴会消化器センターにより急性期専門医療を提供しています。また、療養病棟では慢性期の患者さんに対する医療を提供しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 57 15.84 17.23 7.02 86.86
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 57 2.42 2.66 0.00 65.53
060035xx04xx0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 37 2.16 4.10 0.00 71.24
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 33 15.58 9.53 0.00 82.73
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 25 13.12 13.00 4.00 81.64
高齢者の心不全が増加しています。腎盂腎炎や膀胱炎などの尿路感染症、胆嚢炎や胆管炎などの胆道感染症で入院となる高齢者も多く、発熱以外の症状が無いこともあり、鑑別診断が大切になります。昴会消化器センターでは胃、大腸のポリープおよび早期がんに対し内視鏡的治療を行っています。胆石症については、胆嚢結石は外科に腹腔鏡下胆嚢摘出術を依頼します。総胆管結石の場合は内視鏡的に胆石を除去します。
小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
180030xxxxxx0x その他の感染症(真菌を除く。) 定義副傷病なし - 3.67 10.76 16.67 1.33
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし - 2.50 10.33 0.00 8.25
100290xxxxxxxx グルコース調節・膵内分泌障害、その他の内分泌疾患 - 1.00 5.42 0.00 10.33
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし - 9.67 13.00 0.00 9.67
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - 4.00 5.85 0.00 5.00
2名の常勤小児科医師が診療に当たっています。肺炎や尿路感染症、脱水での入院が多数となっています。小児糖尿病などの診療も行っています。
(10件以下の患者数は「-」表記)
外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 31 5.06 4.86 0.00 66.48
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 14 7.79 7.23 0.00 72.86
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 12 6.00 6.41 0.00 61.25
060020xx02xxxx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 11 18.73 19.04 0.00 73.45
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 11 8.09 10.70 0.00 78.91
昴会消化器センターの外科部門として胃がん、大腸がん、肝臓がん、膵臓がんなどの手術治療を担当しております。身体への負担を少なくするため腹腔鏡下手術を選択することが多くなっています。胆嚢、ヘルニアの手術も腹腔鏡下手術を行っています。
整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2なし 102 14.83 20.40 3.92 67.50
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし 98 13.63 16.10 1.02 68.71
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等1なし 76 15.78 19.90 13.16 67.74
070350xx02xxxx 椎間板変性、ヘルニア 椎間板摘出術 後方摘出術 43 12.51 14.28 0.00 55.77
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 29 39.34 25.09 51.72 83.52
滋賀脊椎センターが脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、側弯症、脊椎腫瘍などの疾患に対する治療を担当しています。内視鏡を用いた低侵襲治療も積極的に行っています。
形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし - 4.00 4.76 0.00 57.00
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 - 3.00 8.17 0.00 3.00
070010xx010xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし - 16.00 5.39 0.00 84.00
070395xx971xxx 壊死性筋膜炎 手術あり 手術・処置等1あり - 113.00 60.73 0.00 70.00
070570xx010xxx 瘢痕拘縮 瘢痕拘縮形成手術 手術・処置等1なし - 3.00 5.77 0.00 14.00
形成外科では身体の外表に生じた様々な異常や変形、欠損などに対して様々な治療を行っています。多くは日帰り手術ですが、症状や手術の内容によっては入院が必要な場合があります。
(10件以下の患者数は「-」表記)
脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
010070xx9900xx 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - 3.00 8.51 0.00 76.00
当院では外来や救急で脳血管障害を診断した多くの場合、専門診療科をもつグループ病院の湖東記念病院に紹介することになります。
(10件以下の患者数は「-」表記)
眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 199 3.02 2.76 0.00 75.68
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり - 2.00 3.22 0.00 71.00
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術なし - 1.00 2.56 0.00 84.00
020120xxxxxxxx 前部ぶどう膜炎 - 2.00 10.52 0.00 69.00
眼科では白内障に対する手術を多く行っています。基本的に入院当日に手術を行い、3日以内に退院となります。
(10件以下の患者数は「-」表記)
耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1あり 19 2.00 2.04 0.00 55.68
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 14 6.21 4.94 0.00 69.00
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 - 4.17 8.44 0.00 48.17
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし - 3.75 5.63 0.00 46.25
030428xxxxxxxx 突発性難聴 - 10.25 8.81 0.00 50.00
耳鼻咽喉科では睡眠時無呼吸症候群やめまいの患者さんを多く診療しています。その他扁桃周囲膿瘍に対する切開術や、慢性扁桃炎に対する口蓋扁桃手術、甲状腺に対する手術、慢性副鼻腔炎に対して内視鏡下に鼻や副鼻腔の手術を行っています。
(10件以下の患者数は「-」表記)
皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - 8.75 9.12 0.00 80.00
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし - 9.50 12.87 50.00 70.00
080090xxxxxxxx 紅斑症 - 7.00 10.48 0.00 23.00
100100xx99x0xx 糖尿病足病変 手術なし 手術・処置等2なし - 63.00 21.56 0.00 86.00
皮膚科では一般的な外来診療の他、帯状疱疹や乾癬、蜂窩織炎などでは入院治療を行っています。
(10件以下の患者数は「-」表記)
泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 30 3.83 2.54 0.00 76.27
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等2なし 16 4.38 7.13 0.00 74.69
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし - 7.89 13.00 0.00 66.56
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 - 8.00 8.52 0.00 73.67
110080xx9905xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等25あり - 2.20 9.40 0.00 67.80
泌尿器科では前立腺がん、膀胱がんに対する治療を多く行っています。膀胱がんに対しては合併症の少ない生理食塩水を灌流しながら経尿道的手術を行っています。また、透析患者さんに対する血管シャント手術も行っています。
(10件以下の患者数は「-」表記)
婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
120010xx99x51x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 定義副傷病あり - 2.33 9.74 0.00 72.67
180050xx99x0xx その他の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし - 8.00 11.85 0.00 83.00
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 - 10.00 10.00 0.00 58.00
120010xx01x0xx 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側)等 手術・処置等2なし - 15.00 12.59 0.00 76.00
婦人科では一般外来診療の他、子宮がんや卵巣がんの治療を行っています。
(10件以下の患者数は「-」表記)
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 10 - - - - 13 1 8
大腸癌 - 11 19 12 - 25 1 8
乳癌 11 - - - - - 1 8
肺癌 - - - - - - 1 8
肝癌 - - - 13 - 21 1 8

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

5大癌とは、発症症例数が多いとされる胃がん、大腸がん、肝臓がん、肺がん、乳がんの事をいいます。がんの進み具合は、T(原発腫瘍の拡がり)N(所属リンパ節転移の有無)M(遠隔転移の有無)を評価しⅠからⅣまでのStage分類(病期分類)で表されます。各Stageでは10例以上の数を表示しています。当院では大腸がんが一番多く初発51例、再発25例の治療を行っています。胃がんは初発32例、再発13例、肝がんは初発24例、再発21例、肺がんは初発5例、乳がんは初発26例、再発3例の治療を行っています。胃がん、大腸がんに対するほとんどの手術治療において腹腔鏡下手術を行っています。また、肝臓がんでは病状に合わせて腹腔鏡下手術を行っています。
(10件以下の患者数は「-」表記)
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 - 5.00 31.00
中等症 20 90.70 82.00
重症 - 20.00 89.50
超重症 - 70.00 91.00
不明 - 0.00 0.00
誤嚥性肺炎などを除く市中肺炎の患者に対し、肺炎の重症度分類であるA-DROPを用いて、重症度別で患者数を出しています。高齢者の肺炎は重症度が高く、入院日数が長い傾向があります。当院では中等症の肺炎の治療を多く行っています。
(10件以下の患者数は「-」表記)
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 21 30.38 83.38 8.00
その他 - 195.5 79.25 4.00
当院では脳梗塞を発症して3日以内に入院される患者さんがほとんどで全体の約80%を占めます。当院では外来や救急で脳梗塞を診断した多くの場合、専門診療科をもつグループ病院の湖東記念病院に紹介することになります。
(10件以下の患者数は「-」表記)
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 96 0.17 1.15 0.00 67.73
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 31 2.90 10.29 0.00 81.74
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 11 26.09 171.82 9.09 82.64
K654 内視鏡的消化管止血術 - 0.00 13.25 25.00 76.38
K6535 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(その他) - 1.00 11.29 0.00 77.86
内科で最も多い内視鏡的切除術は、大腸ポリープや早期大腸がんに対する内視鏡的ポリペクトミーや粘膜切除術です。胃ポリープや早期胃がんに対する内視鏡的ポリペクトミーや粘膜切除術も行っています。内視鏡から挿入したワイヤーをポリープや腫瘍にかけ、高周波電流で切除します。隆起の少ない病変の場合、切除するポリープや腫瘍の下に液体を注入し、病変を持ち上げてから切除し、その後、出血防止にクリッピングを行います。診療科別に実施件数の多い手術、上位5つを表記しています。
(10件以下の術式は「-」表記)
外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 31 1.32 2.74 0.00 66.00
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 24 1.67 4.17 0.00 68.46
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 12 6.67 11.67 0.00 68.17
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) - 6.50 20.63 0.00 69.38
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - 0.71 4.86 0.00 60.57
外科では、胆嚢結石症、鼠経ヘルニア、大腸がん(結腸がん+直腸がん)の手術が多くなっています。いずれの手術も傷口が小さく患者さんの負担が少ない腹腔鏡手術を実施しています。その他、胃がん、肝臓がん、乳がんに対する手術や急性虫垂炎に対する虫垂切除や内痔核に対する痔核手術など、様々な手術を行っています。実施件数の多い手術、上位5つを表記しています。
(10件以下の術式は「-」表記)
整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 111 1.49 13.39 3.60 66.40
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 94 1.81 11.57 3.19 68.80
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 86 2.52 13.51 16.28 66.43
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 56 1.86 10.32 0.00 57.68
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 38 1.97 21.95 2.63 71.16
滋賀脊椎センターが脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、側弯症、脊椎腫瘍などの疾患に対する治療を担当しています。滋賀県内では最も多くの手術を行い、内視鏡を用いた低侵襲治療も積極的に行っています。
形成外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K0021 デブリードマン(100cm2未満) - 3.00 40.00 0.00 82.00
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - 0.00 1.00 0.00 51.00
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) - 0.00 1.00 0.00 42.00
K0064 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径12cm以上) - 0.00 7.00 0.00 78.00
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - 0.00 17.00 0.00 78.00
形成外科では身体の外表に生じた様々な異常や変形、欠損などに対して様々な治療を行っています。多くは日帰り手術ですが、症状や手術の内容によっては入院が必要な場合があります。
(10件以下の術式は「-」表記)
眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 202 0.00 2.02 0.00 75.54
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - 0.00 2.33 0.00 81.00
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) - 0.00 1.00 0.00 71.00
眼科では白内障に対する手術を200件以上行っています。基本的に入院当日に手術を行い、2日で退院となります。
(10件以下の術式は「-」表記)
耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 - 0.00 3.17 0.00 48.17
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - 1.20 3.40 0.00 60.40
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術(片葉のみ) - 1.00 4.50 0.00 49.75
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) - 1.00 7.00 0.00 8.50
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) - 1.00 5.00 0.00 59.50
耳鼻咽喉科では睡眠時無呼吸症候群やめまいの患者さんを多く診療しています。その他扁桃周囲膿瘍に対する切開術や、慢性扁桃炎に対する口蓋扁桃手術、甲状腺に対する手術、慢性副鼻腔炎に対して内視鏡下に鼻や副鼻腔の手術を行っています。
(10件以下の術式は「-」表記)
泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 15 0.73 9.13 0.00 73.27
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 15 1.00 2.20 0.00 74.87
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純) - 0.00 1.43 0.00 70.71
K7981 膀胱結石,異物摘出術(経尿道的手術) - 2.00 6.25 0.00 84.50
K841-5 経尿道的前立腺核出術 - 1.00 7.50 0.00 74.50
泌尿器科では前立腺がん、膀胱がんに対する治療を多く行っています。膀胱がんに対しては合併症の少ない生理食塩水を灌流しながら経尿道的手術を行っています。また、透析患者さんに対する血管シャント手術も行っています。
(10件以下の術式は「-」表記)
婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式) - 1.00 9.00 0.00 80.00
K877 子宮全摘術 - 1.00 8.00 0.00 67.00
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) - 3.00 6.00 0.00 49.00
K889 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側) - 2.00 18.00 0.00 70.00
婦人科では一般外来診療の他、子宮がんや卵巣がんの治療を行っています。
(10件以下の術式は「-」表記)
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - 0.00
異なる - 0.09
180010 敗血症 同一 - 0.19
異なる - 0.19
180035 その他の真菌感染症 同一 - 0.09
異なる - 0.09
180040 手術・処置等の合併症 同一 - 0.37
異なる - 0.14
当院における播種性血管内凝固症候群(DIC)、敗血症、その他の真菌症はいずれも5件未満と低い発生率となっています。また、手術・術後の合併症についても10件未満と低い発生率となっています。
(10件以下の術式は「-」表記)
更新履歴
2019.10.1
「平成30年度 日野記念病院 病院指標」公開
2020.10.1
「令和1年度 日野記念病院 病院指標」公開
2021.10.1
「令和2年度 日野記念病院 病院指標」公開

外来受付

受付時間
午前8:00~11:30
診察時間
午前9:00~

※科目により異なることがあります。

ご来院される方へ


PageTOP